【アルバイトをしている大学生必見】大学生が全力でわかりやすく確定申告・源泉徴収、103万円130万円の壁について説明する。

会計士試験の受験科目の中に、”租税法”というのがある。せっかく税金のことを勉強していたので、周りの大学生の友人にもわかるようにまとめられたらと思い、バイトをしている大学生のための”確定申告講座”を開催しようと思う。ぱちぱち

 

若い税理士を無料で紹介してもらいたい方はコチラ

 

今回は、「所得税ってなぁに~?(鼻水)」という疑問や、確定申告のやり方、源泉徴収というよくわからない言葉、よく聞く「103万円の壁」、「130万円の壁」について、全力を尽くし、誰もが理解できるほどわかりやすく書いていく。

※以下、学生の場合を想定しています。

 

 

確定申告とは?

確定申告とは、支払う(戻ってくる)税金の金額を確定させることである。多くの学生の人は、税務署に行って確定申告をすることで、お金を取り戻すことができるはずだ。詳しく説明していこう。

 

どんな人が確定申告を行う必要があるの?

確定申告においては、「確定申告が必要な人」と「確定申告は不必要だが、した方がいい人」の2種類の人がいると考えよう。

 

確定申告が必要な人・不必要な人(130万円の壁)

確定申告が必要な人ってどんな人なの?

それは1年間の給与の合計額が130万円を超えている人だよ。

130万円の壁ってやつだね!だとすれば、130万円以下の人は確定申告をしなくていいのか!

うん、学生の場合はそうなるね。

と言っているが、130万円の壁を越えても、ほとんどの場合は、バイト先の人が税金を納めてくれている。なので、確定申告をする必要はないが、不安であれば社員の人に聞いてみよう。

それではまず、税金がどのように計算されるのかを見ていく。 

 

f:id:dHarada:20170107183859p:plain

まずは第一段階の計算。給与収入とは、実際にもらった(手取り)金額。そこから給与控除額を差し引いた金額が給与所得の金額となるのだが、学生であれば、この給与控除額は、ほとんどの場合65万円となる。

収入は控除前の金額、所得は控除後の金額と覚えておこう。

 

f:id:dHarada:20170107183913p:plain

第二段階では、支払う税金を安くするための、いろいろな控除額の計算をする。学生が使えそうなのは、”勤労学生控除””基礎控除”だ。

 

基礎控除はだれでも38万円の控除を受けることができる。

勤労学生控除とは、働いている学生が受けられる控除で、その額は27万円である。しかし、これには控除を受けるための要件がある。それは、A)の金額が65万円以下であることだ。

これが130万円の壁の正体であーる。

 

仮に、もらった給与の合計額が、130万円の壁を超えて、131万円だったら。。 

f:id:dHarada:20170107190442p:plain

このように、所得合計(A)が65万円を超えてしまい、勤労学生の定義から外れてしまうのだ。そうすると、勤労学生控除の27万円は受けられないこととなる。つまり、130万円の壁とは、学生が勤労学生控除の27万円を受けられるかどうかの壁のことである。

 

f:id:dHarada:20170107183920p:plain

 (A)は所得の合計額、(B)は控除の合計額、これらの差額(C)に税率をかけて、国に支払う税金の金額を算出する。

 

親の負担が増えるライン(103万円の壁)

では、103万円の壁の正体を明かしていこうと思う。103万円の壁は、学生の負担する税金には影響はない。学生の親御さんの負担が増えるのだ。

 

親御さんは、16歳以上の親族がいる場合、”扶養控除”というものを受けられる。その金額は、一般的には38万円であるが、子どもが大学生(19歳以上23歳未満)であれば、63万円の控除が受けられるのだ。第二段階の計算の控除の合計額(B)に63万をプラスできるというわけである。

 

この子どものことを”扶養親族”というが、扶養親族にも条件がある。それは、第一段階の所得の合計額(A)が、38万円以下であるということだ。

これが103万円の壁の正体であーる。

 仮に、もらった給与の合計額が、103万円の壁を超えて、104万円だったら。。

f:id:dHarada:20170107193559p:plainこのように、所得合計(A)が38万円を超えてしまい、扶養親族の定義から外れてしまうのだ。そうすると、親御さんは扶養控除の63万円は受けられないこととなる。つまり、103万円の壁とは、親御さんが扶養控除の63万円(もしくは38万円)を受けられるかどうかの壁のことである。

 

比較してみた(ケーススタディ)

実際に比較してみた方がわかりやすいと思うので、ケーススタディで見ていこう。親御さんの子どもである学生を、たかしくんとする。また、差額がマイナスの場合は0と表記している。

たかしくんの給料が100万円の場合

f:id:dHarada:20170107194800p:plain

年間の給料が100万円の場合、たかしくんが支払うべき税金はない。むしろ戻ってくる可能性があるぞ。詳しくは後述する。

たかしくんの親御さんも扶養控除を受けられることにより、実額で、108,000円くらい(住民税も考慮)、支払う金額が少なくなる。

 

たかしくんの給料が120万円の場合

f:id:dHarada:20170107195457p:plain

年間の給料が120万円の場合も、税金を支払う必要はなく、戻ってくる可能性も高い。しかし、この場合、たかしくんは扶養親族から外れ、親御さんは63万円の控除が受けられなくなる。

 

親御さんは、たかしくんが103万円の壁を超えてしまったために、実額108,000円支払う金額が多くなる。たかしくんは100万円のときよりも、20万円多い120万円稼いだ。家族全体で見れば、+92,000円といえる。

 

たかしくんの給料が140万円の場合

f:id:dHarada:20170107201836p:plain

年間の給料が140万円にもなると、130万円の壁を越え、勤労学生から外れてしまい、27万円の控除が受けられなくなる。そして、税金(所得税)を支払う義務が生じてくる。

 

100万円の給料のときと比較してみよう。たかしくんは40万円多く稼いだ。しかし、所得税が18,500円生じている。住民税は10%として、37,000円。親御さんの負担も実額で108,000円増えている。 家族全体で見れば、+236,500円だ。

 

120万円のときと比較するとどうか。たかしくんは120万円よりも20万円多く稼いだ。そして、所得税の18,500円と住民税の37,000円。親御さんの実額負担増108,000円。家族全体で見れば、+36,500円である。

 

源泉徴収とは?

先ほど、税金が戻ってくると書いた。それは”源泉徴収”が関係している。源泉徴収とは、バイト先の人が、働く学生の代わりに、国に税金を払ってくれている制度だ。給料全体から、国への税金を天引きした金額が、手取りとなる。

 

学生でもだれでも、給料をもらったら税金(所得税)を支払わなくてはならないが、源泉徴収制度のおかげで、税金のことをほったらかしにしててもいいことになる。

f:id:dHarada:20170108095742p:plain

あれ?ケーススタディでは100万円と120万円の場合、所得税を支払う必要はないって言ってなかった?

そう。本来は支払う必要はないのに、バイト先の人が給料から所得税を天引きしてしまっているんだ。この天引きされた部分は、確定申告をすれば戻ってくるよ。

 

源泉徴収っていくら取られるの?

2017年1月11日現在、月収が88,000円未満の場合、源泉徴収はされない。下記の表は、自分の給与に対して、源泉徴収がいくらになるかがわかる表だ。

 f:id:dHarada:20170111000051p:plain

国税庁

あれ?甲と乙の2箇所に金額が書いてあるよ?どっちの金額を見ればいいの?

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」が提出されている場合には「甲欄」、提出がない場合には「乙欄」で税額を求めるよ。

何、そのむずかしそうな申告書…?

 

実は、この申請書によって源泉徴収の額は決められている。この申請書を提出しなければ、”乙”の高い額の税金(3,200円の方)が給料から天引きされるのだ。それを防ぐためには、店長に申告書を提出しておこう。

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書のダウンロードはこちらから

給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の書き方の見本はこちらから

 

この申告書は、いつまでに出せばいいの?

その年の最初に給与の支払いを受ける日の前日までには提出する必要があるよ。もし、給料日が毎月25日なら、1月24日までに提出しておかなければならないんだ。

そうなんだね!急いで提出してくるよ!

 

毎月の給料が、88,000円以上がある人は、この申告書を提出することをおすすめする。ただ、間に合わなかったからといって絶望する必要はない。年度末に確定申告をしさえすれば、払いすぎた税金はきちんと戻ってくる。

 

確定申告のやり方

確定申告は、近くの税務署に行って「確定申告をしたいんですけど。。。」と申し訳なさげに言えば、丁寧に対応してくれるはずだ。そのときは、

  • 源泉徴収票
  • ハンコ
  • 口座の通帳

を持っていけば大丈夫だ。源泉徴収票も、バイト先の人に言えばきっともらえるはず。

 

まとめ

  • 103万円の壁は、親御さんの負担にかかわる、扶養親族に該当するかどうかの壁だ。該当すれば、親御さんは、最大63万円の控除を受けることができ、それは実額で108,000円ほどとなる。
  • 130万円の壁は、勤労学生に該当するかどうかの壁だ。勤労学生に該当すれば、27万円の控除を受けることができる。
  • 源泉徴収とは、もらえる給料から自動的に所得税が天引きされていることをいう。確定申告をすることで、天引きされた分は戻ってくる可能性がある。

自分の給料をとるか、親御さんの控除を取って親孝行するかは、たかしくん次第だ。

 

税理士に直接相談してみたい方は、税理士ドットコムがおすすめ。上場会社が運営をしており、安定感や実績は間違いない。税理士ドットコムを利用したユーザーの約70%が顧問報酬の引き下げに成功しているから、気になった人は下記のリンクから、メール相談をしてみるといいかもしれない。

若い税理士を無料で紹介してもらいたい方はコチラ

 

※訂正箇所があればご教授頂けると幸いです。。