むーびんぐ

”健康”と”運動”の科学を学びつづけるブログ

【ウェルスダイナミクス】「鉄の民」だけが集まる会では、どのような化学反応が起こるのか。

どうも、だいち(@spountant)です。この週末に、ものすごく安定感のある「鉄の民会」が行われた。

 

鉄の民とは、基本的に人とのコミュニケーションがダルく、大勢になればなるほど静かになり、数値やデータや証拠が大好物、そんな者たちのことを指す。

 

日々を過ごしていると、話好きで自ら積極的にコミュニケーションを取るような人、外交的な人、その場にいるだけで癒される人。

いろんな人がいるが、そんな中、オーラルコミュニケーションが得意ではない鉄の民だけが集まったら、どんな化学反応が起こるのか。

そんなお話。

 

何を持って"鉄の民"としているのか。

われわれはテキトーに「われわれは鉄の民である」と言ってるわけではない。ちゃんとした診断に基づき、鉄の民として認定されている。

 

その診断が「ウェルスダイナミクス」というもの。無料で診断が受けられて、質問も5問しかなくすぐ終わるものなので、興味がある人は受けてみてほしい。

プロファイルテストを受けてみる

 

この診断が終われば、4つのどれかのタイプに分類される。

f:id:dHarada:20171011230718j:image

  • ダイナモ
  • ブレイズ
  • テンポ
  • スチール

このどれかに分類され、これらにはそれぞれに違った特徴をもつ。そして、スチールに分類された者がいわゆる「鉄の民」である。

 

簡単に4種類のタイプの説明をすると、

  • ダイナモ:発明機。ものごとの0→1を生み出すのが得意。「これやろう!」「あれやろう!」とアイデアがよく思いつくのがこの人
  • ブレイズ:通称「炎の民」。ものごとを広めたり、人との交流が得意。ダイナモのアイデアを広める人だったりする
  • テンポ:通称「波長の民」。この人がいるだけで場が安定する。争いが鎮火される。すべてを調和する、いわゆる女神様
  • スチール:通称「鉄の民」。人苦手。一人好き。データ好き。コツコツやるの得意。ものごとを最後までやり遂げ、完結させる人

 

「鉄の民」メンバー紹介

では、今回の参加メンバーを紹介する。

 

うさぼうさん(ロード)

うさぼうさん(@usabo_tweet)。ゲーミフィケーションの達人。

ぼくがライフエンジンに入ったのが4月で「ブログ30日更新し続けるぞ!」と宣言したら、いっしょになってチャレンジしてくれたうさぼうさん。このときから「あぁ、同士だ。。」と思っていた。

 

直接会ったのは2017/07のライフエンジン月次報告会が最初。瞬時に同じ空気感を感じた。親近感。そして、安定感すご。頼れる。頼もしい。

 

ねーさん(メカニック)

ねーさん(@traveling_shino)と初めましてしたのが、たしか「公園創作の会」。そして、月次報告会の帰りにアカシキさんと3人で帰った覚えが。。

 

twitterで繋がってると、やさしさがギュッと詰まったツイートがどんぶらこ~と流れてくる。

「いいなぁ」と思いながらハートをぽちぽちしていて、今ではお互いにぽちぽちのし合いをさせて頂いております。「わかる…!」みたいなことが多い。

 

彼女はストレングスファインダーで、コミュニケーション、社交性とか、外交的な感じのやつが根こそぎ下位。

そして、データ分析、仕組みづくりの神。ゴッド。

 

だいち(ロード)

そして、ぼく(@spountant)。1人でコツコツなにかをやり遂げるのが得意。学習欲が強いので、試験勉強などで力を発揮する。大人数苦手。「人数」と「口数」が美しい反比例の曲線を描く。

 

そして、うさぼうさんより、、

だいちさんブログは、ライフエンジンで知り合った昨年の夏頃から時々読ませてもらっていました。

すごいなー、若くてがんがん花開いていくってこういうのだなーと思いながら、そっと見ていました。実際に会ったのは7月くらいのライフエンジンの月次報告会。ブログだけから受ける印象とは違って物静かな感じでした。お会いしてからも、Twitterで本読んだ内容をつぶやくのとか、完成度の高い記事とか、私もそういうのやりたいなーというのを日々実行していくので、日増しに親近感がわいていきました。詳細プロファイルがロードだと聞いた時に内心ガッツポーズしたのを今でも覚えています。 

こちらの記事からの引用です。泣ける。

内向的な僕たちが集い淡々と話した場の熱量に燃え尽きないコツ - うさぼうの人生ダッシュボード化計画

 

「鉄の民」同士が語るとこうなる。

鉄の民たちはどんな話題だと盛り上がるのか。

 

ウェルスダイナミクス

みんなたまに"おれの中のダイナモ"がうずく。鉄の民会は「赤の他人に興味を持てないこと」を肯定できる空間だった。「なぁんだ、そういう人間なだけなのか」といさぎよく諦められる。

 

この人これに向いてるよね(プロデュース)

この場にいるぼくらだけでなく、この場にいない人のことも話した。

「あの人、あれめっちゃ上手いよね」とか「あの富の築き方すごいよね」とか「ありゃ、私たちにはできないわw」とか。

 

化学式にテンションが上がる

f:id:dHarada:20171012080847j:image

科学的根拠とか、数値とかデータとかに基づいていると高まる。

 

富を築くための仕組みづくり

不労所得を積み立てつつ、労働収入も組み合わせ、いかに富を築くか。いわゆる「配管システム」の構築。

 

お悩みの共有

似た者同士だからこそ相談できること。同じタイプだからこそ理解ができて、かつ共感できることがあったりする。

守りたいものも守る。かつ、自分が息苦しくない生活も手に入れる。同じ民の悩みは、ぼくの悩みでもある(ジャイアン風)。

いかに鉄の民の特性を活かして、その困難を打破できるか、一緒に考えていきたい。悩みを共有して、解決策を相互に活かしあえれば、鉄の民は加速する。

 

「鉄の民」たちの未来

f:id:dHarada:20171011231754j:image

こちらご存知の方も多いと思われる「ストレングスファインダー」。個人の強み診断だ。

ぼくはけっこう未来志向・目標志向が強めで、未来のことを考えるとワクワクするタイプであり、もはや未来に何か目標だったり、夢がなければしなびてしまう。

反対に、ワクワクする未来や、目標があれば、それに向かって突き進んでいくのは、いくらでもコツコツとやり続けられる。

 

鉄の民の未来を妄想するのもたのしい。

鉄の民が協力して、富のシステムをつくり、改善を繰り返しつつ、コンテンツをこつこつ積み上げる。資産がもりもりと膨らんでいく仕組み。

 

みんなでなんかできないかなぁ。。