「仕事が遅い」を改善する具体的な5つの方法をブログ執筆に当てはめてみた。

jMatsuzaki氏(@jmatsuzaki)がこんなことを呟いていた。

上記を当ブログで実践してみた。これで記事書くのが遅いというネックさを改善できるかもしれないぞ、、おれ。。

 

 

ブログ執筆の手順書作成

これまで何気なくブログを書いていたが、振り返ってみると手順がしっかりとあったので、以下に並べてみる。

 

  1. ぼんやり書きたいことを決める(~たい!が重要)
  2. 書きたい内容をとりあえずバーッと紙に書き出す
  3. 2を並べ替え、だいたいの流れを決める(紙の上で)
  4. ざっくりタイトルを決め、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる
  5. いい感じのキーワードがあれば、実際にそのキーワードでググってみて、上位にどんなサイトがあるか見てみる
  6. 勝てそうならGo!
  7. 紙を見ながら、上から本文を書いていく
  8. 必要な図解があれば、本文を書き終えたのちに作成
  9. 図を差し込み、全体の更正を行う
  10. 完成!

 

ブログ記事成果物のテンプレート作成

つづいてテンプレートを作れないかどうか検討してみた。ぼくはいつも解説記事を書いているので、その解説記事の成果物テンプレートを作成してみた。

 

  1. 「なぜ」を書く(なぜ脳に運動が効果的なのか)
  2. 「なに」を書く(なにをすればいいのか)
  3. 具体的に「どうやって」すればいいのかを書く(上記2.の運動をどれくらいの強度で、何セット、週に何回やればいいのか)
  4. 1~3をまとめる

 

ブログ記事チェックリスト/トリガーリストの作成

ブログ執筆時におけるチェックリストを作っていたら、トリガーリストみたくなってしまったので、同時に紹介する。

 

  • 一文がムダに長くなっていないか
  • 段落のまとまりの大きさは適切か
  • 漢字が多すぎないか
  • 煽りすぎてないか
  • 自分が読み返して納得いくか

 

上記のように、ぼくはブログの文章のリズムもそうだが、見た目にかなり気をつかっている。

関連記事:【保存版】ブログ初心者のためのリズムのある文章の書き方 - 副業リテラシー

 

ブログ執筆Tips

ぼくが知る限りのブログ執筆豆知識をできるかぎり披露しようと思う。

 

  • 45分集中、15分休憩、といったような”ポモドーロテクニック”を使って集中力を高める

 

あんまなかった。。

 

集中力を高めるための記事:勉強に集中する方法は運動しかない!運動と集中力の関係をかんたん解説。 - 副業リテラシー
おすすめの記事:ブログの書き方に絶対困らない、ヌイ流構成方法を伝授 | ヌイの脳内

 

仕事が遅いを改善するステップまとめ

f:id:dHarada:20170822233338p:plain

 

現場からは以上です。