むーびんぐ

”健康”と”運動”の科学を学びつづけるブログ

不正PPCアフィリエイトサイト検知システム「ストリクス」を展開する土橋さんにインタビューしてきた。

f:id:dHarada:20170807220304j:plain

土橋さんは、思っていたよりずっと柔らかく優しい雰囲気の方だった。それでいてロジカルな方だったので、話していてどんどん興味をひかれていった。 

 

土橋さんが展開しているサービスはこちら
関連サイト:ストリクス - 不正PPCアフィリエイトサイト検知システム | 不正PPCアフィリエイトサイトを検出します。

 

 

10億規模の事業

よろしくお願いします!

よろしくお願いします!では、簡単なプロフィールを教えてもらえますか?

本業ではシステムエンジニアをしていて、副業でアフィリエイターをやっています。副業でアフィリエイトをするうちに、アフィリエイト広告主さんのいろいろな困りごとが見えてきたという経緯がありまして。最近はアフィリエイト広告主さんが使うツールを開発・運用をやってたりしますね。

と、言いますと、、?

アフィリエイト界で悪いことをするアフィリエイターっていうのがいて、それを防いでいるって感じですね。

ブログ拝見したんですけど、リスティングでの不正を防ぐようなシステムを開発されてるんですか?

そうですね。まぁシステムというか、、出しちゃいけないPPCを見つけるってところですね。

 

PPCとは、Pay per Clickの頭文字をとったもので、リスティング広告のことを指すぞぃ。

 

それで不正を防止するって感じなんですね。今ってたしか会計のSEをやってはるんですよね?

そうですね。会計関連のSEをしてます。なので、PPCの副業と、本業はまったく別で、ぜんぜん分野が違うんですよ。

あっ、全然違うんですね!もうけっこう副業でも稼がれてますか?

売上はデカいんですけど、今のところ赤字運営で。。

そうなんですか!?

PPCの方は最初ボランティアでやってたんですよ。困っている広告主さんも多かったし。ただ、やっているうちにけっこうニーズが強いことがわかったので、「いくらかもらって運用しよう」となったのが、2年くらい前。

へぇ~!

そこからいろいろお金は頂いているんだけれども、出ていく費用が多くてですね。去年度は10万円くらいの赤字。

赤字だったら大変ですね。。

そうですね。元々ボランティアでやってた仕事なんで、収益化するのもけっこう難しいですけどね。

というか、そういうニーズがあるですね。けっこうニッチな感じがします。

ニッチはニッチですね。不正PPCって多分私の感覚なんですけど、年間の犯罪被害額が10億円くらいあるはずなんですよ。

えぇ~っ!

なので、商売のボリュームとしては年間10億円くらいのボリュームのことをやっているはずなんですよ。だけど、不正をやっている方は隠れてやっているので、正確な市場規模はわからない感じですね。

なるほど~。

不正PPCを仕事としてやっている人が他にいないんですね。多分わたししかやっている人がいない。

あっ!ほんとですか!

まぁ多分儲からないからみんなやってないんだろうなぁっていうのは最近わかってきましたw

なるほどww

最初はボランティアでやってたんですけど、社会的価値もあると思ってるし、不正の規模も大きいはずなので、「もしかしたら大きな商売になるかもしれないな」というのを思いながら、今赤字を垂れ流しながらやっているところですね。

www

www

 

ひどい労働環境にもまれた過去

プロフィール記事も見せてもらったんですけど、最初は経理の仕事について、そこからSEになったっていう流れなんですか?

新卒で入った会社はSEになりたくて入りました。なので、会計絡みの仕事はまったく希望してなかったです。

じゃあ、ほんとにSEの能力を身につけるために入ったということなんですね。

はい。たまたま会計システムのSEとして仕事始めて、そこから会計絡みの仕事が増えてきたって感じですね。

会計のことは実務を積みながら学んでいったんですか?

そうですね。ずっと会計システムのSEとして生きてたんですけど、1年だけ経理部の社員として働いたこともあります。その点で他のSEさんとはフィールドが少し違うかもしれませんね。

実際に現場を見てますもんね。ブログには、「SEとしての経験も挫折の連続で、うつになって休職・退職したこともある」というふうに書いてあるんですけど、詳しく聞いていいですか?

10年前くらいの話なんですけど、入った会社が一部上場企業で、名前も知れてる会社で。ただ、労働環境がひどくて、残業時間が月で80時間くらい。ピークのときは100時間超えるようなところでしたね。

毎日4~5時間くらいってことですよね。。

平日は毎日終電で帰るって感じでしたね。当時のSEの仕事ってどこもそんな感じでしたけどね。

 

運動を継続するには

今はもう復活されて?

今もずっと10年前に休職して以来、通院はしてるんですけど、クスリも飲んでる感じです。まぁ自分の中では完全に脱出できた感覚はあります。

ちなみにぼく、スポーツ健康科学部っていう学部出身でして、運動の効果をわりと知ってて。うつであれば、運動でめちゃめちゃ改善されるっていうデータも出ていて、、

なので、運動おすすめです。笑

あはは笑 運動って継続するのがけっこう難しいじゃないですか。

うん。難しい!難しいです!

ぼく大学のときはサイクリング部に入っていて、ずっと自転車漕いでたんですけど、社会人になってから全然運動しなくなって。。社会人になってからの運動ってなにやっても続かないんですよねー。。

忙しいですよねー。。

大学のとき自転車やってたから、自転車好きだしやろうと思っても、時間を理由になかなかやらなくなっちゃったり。

継続難しいですよね。。

運動とかスポーツ続けるのって、スポーツ自体が楽しいというより、コミュニティ作りとかが必要なんですよね、きっと。

。。!

スポーツする場に心を許せる友だちがいないと、なかなか難しいかもしれないですね。

まさに何ですけれども。。

ぼく今運動のオンラインサロンを運営してて。みんなで運動継続できるように、居場所だけをつくって、あとはみんなでワイワイ運動しようっていうコミュニティなんですけど。

おー、それいいですね!

ちょうど1ヵ月前にオープンして、かなり試行錯誤中なんです。

それはいろんなスポーツをやるんですか?何か一つに決まってたり?

スポーツっていうより、ランニングとか筋トレとかですね。

なるほどなるほど!基礎体力的な?

そうですね!「毎朝フィットネスしようぜ」とかそういうノリでやってます。

 

経営者層と同じ目線で歩んでいく

インタビューに戻りますね。「こういう時間が好き!こういう瞬間が好き!」っていうのはあったりしますか?

"ストリクス"という副業でやっているツールの機能開発をしている時間とか、あとは開発して実際にリリースして「役に立ったよ」とお客さんに言ってもらうだとか、その瞬間がやっぱり嬉しいですね。

だから続けられるんですね。

はい。副業に関してはそれで、本業に関しては、やっぱり誰かに喜んでもらうっていうのは嬉しくて。ぼく会計システムのSEなので、「経営判断をどうしたらいいか」というのを偉い人からちょこちょこ聞かれることがあるんですね。

そういうときに「この数字が出てるからこうしていきましょう」といった話をして、わたしの話をある程度信用できる話だと思って聞いてもらえているっていうのは嬉しいかな。

経営層の方たちと同じ方向見て歩いていくみたいな感じなんですね。じゃあかなり会計の根幹に関わってはるんですね。

ふつうの会社って、そもそも経営学みたいなことを知っている会社が少ないんですよ。システム会社だとSEのスキルが高くてそのまま会社を興したところが多くて、会計的な数字をどう読めばいいのかを知らない人が多いですね。

ぼくも会計士の勉強をしていて、実際に監査法人で働いたこともあるんですけど、、

あっ!監査法人あるんですか!!

そうなんです。学生非常勤として働いていて。監査法人ってまさにそんな感じでしたよ。会計の数字を見て、偉い方の話聞いたり、経営判断の相談に乗ったり。あ、ちなみにぼくはなかったんですけど←

そうなんですね。そういう相談に乗るときって、会計の数字ももちろんなんですけど、現場のこともちゃんと知らないといいアドバイスできないですよねー。

ほんとそうですね。机上の空論になっちゃ意味ないですもんね。

たぶん同じ言葉を喋ってても、現場を知っているかいないかで、その言葉の重みって変わってくるんじゃないかなーと思いますねー。

 

ビットコインを信用してもらう雰囲気づくりとは

会計士にスポーツ系の学部に、すごい良いスキルですよね。

興味あるものに手を出してたらこんなことになってました。。

興味を持ってることに限らず、手を動かして作業しているときの自分への教育効果ってかなり高いから、すごい良いことかなぁって。

たしかに、やってみるって大事ですよね。土橋さんは今興味惹かれているものってありますか?

最近だとやっぱりビットコイン。ビットコインの値動き自体の話ではなくて、「どうやってそれを信頼させるか」っていう雰囲気づくりみたいなことに興味がありますね。

おぉ~!

貨幣経済でよくある話なんですけれども、みんながその紙切れに価値を感じているから成り立っているっていう。

ありますね。

ビットコインって技術的にはかなり前からできてたはずなんですよね。純粋に技術的には。ただ、これを信じさせる空気をだれも作ることができなかった。技術とかじゃなくて、人の心を動かす雰囲気みたいなものをどうやって作っていくのかっていうのにすごく興味がありますね。

今、ビットコインってちょっとずつ信頼されてきてるかなと思うんですけど、なんか要因とかってあるんですかね?

元々は、技術に裏打ちされた価値だったんですよね。技術者が仮想通貨をボランティアでつくっていたんですけど、仮想通貨をつくれることってやっぱり高い技術を持っているという証明になるんですよね。で、高い技術で作られたものだから信頼もできる。

なるほど。

最初は技術のあいだだけで価値が決まっていたんですけど、それだけじゃ今の価格になることはなくて。投資家のような人がそれにお金を払ってるんですよね、実際に。その「外部から信用されるには?」っていうところにすごい興味がありますね。

 

なぜVALUに取り組むのか

VALUでもビットコインが使われてますけど、今はけっこうVALUには力入れている感じですか?

そこまで勢力的にってわけでもないですけど、ぼくがVALUをやっている目的は「ストリクスの知名度を上げたい」ってところなんですよ。

そうですよね。

私は年間10億円の被害を防ぐものだと思っているので、すごく価値を感じているんですけど、アフィリエイト広告主さん自体が被害を受けていることすら知らない。だから、被害を防ぐツールにお金を出す気にもならない。

なるほど。

なので、そういう被害があることを知ってもらって、それを防ぐツールもあるってことを知ってもらうのが1番の目的ですね。

では最後に今後の目標は?

向こう1年間はストリクスを広めて、不正PPCを防ぎたいっていうところですね。

まだ不正PPCに取り組んでいるのが土橋さんくらいということで、もしかしたら化けるかもしれないですね。

そうなったら嬉しいですね笑
いずれにしろ社会的なインパクトが大きいツールなので、まずはどんどん知ってもらいたいですね。

社会的なインパクトを与えるために、気合い入れて記事にさせて頂きます!笑

よろしくお願いします笑

では、本日はありがとうございました!

こちらこそ、ありがとうございました。

 

土橋さんが展開しているサービスはこちら
関連サイト:ストリクス - 不正PPCアフィリエイトサイト検知システム | 不正PPCアフィリエイトサイトを検出します。