副業リテラシー

副業に関するネットやマネーに関する情報を発信するブログ

自宅でフィットネスが続く!オンラインフィットネスコミュニティの「コットホーム」

スポンサーリンク
あとで読む

このたび、運動のオンラインサロンを開設することとなった。その名も「コットホーム」だ。

 

コットホームのコンセプトは「運動」と「居場所」

f:id:dHarada:20170528213209j:plain

コットホームは「居場所」であることが大前提としてある。そして、その居場所に集う人たちがつながるきっかけとなるツールが「運動」なのだ。

  

運動をした方が良いってことはわかってるんだけど…

f:id:dHarada:20170702203519j:plain

ぼくら自身は、運動というのは本来楽しいものだと思っている。なのに運動に対して、「やらなきゃやらなきゃ」になるのはなんだかもったいないなと感じていた。 運動や健康についてこんな感じのモヤモヤを抱えている人は少なくないと思う。

 

  • 運動しなくちゃいけないってのはわかってるんだけど、そもそも何をどれくらいすればいいの。。?
  • 自分に合った運動とか筋トレがわからない。。
  • 運動はした方がいいんだろうけど、なかなか重い腰が上がらない。。
  • スポーツクラブに通う時間もない。。

 

どうして運動しなくちゃいけないのはわかっているのに行動に移せないのか。どうして継続するのが難しいのか。それはやっぱり「運動を継続する環境がない」というのが大きな原因となっている。

 

オンラインコミュニティで解決!

f:id:dHarada:20170702203555j:plain

人間の意志の力には限界がある。だったら、自分の意志以上に原動力となるものを使えばいい。それが”環境”だ。ある環境に属することで、人はムリなく行動ができるようになる。

 

英語を話せるようになりたかったら海外に飛び込むのが手っ取り早いのと同じように、運動を習慣づけたいなら、みんなが運動しているコミュニティに属せばいいのだ。

 

そして、ぼくたちは運動を習慣づけて健康になっていきたい人たちに向けて、土台となる環境だけでも作ってしまおうと思ったわけだ。その環境として最適な形がオンラインサロンだった。以下がオンラインサロンの概要となる。

 

  • お家でもできる
  • 5分から取り組める運動プログラム多数
  • みんなでやれば、楽しく続けられる
  • 月々1回のランチ代(980円)で入会できる

 

みんなでワイワイ運動していると、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」、活動的な意欲が湧く「テストステロン」、その他さまざまなホルモンが分泌され、結果として、普段の生活がイキイキしたものになる。これは科学的にも証明されていて、ぼくらも実感済みだ。

 

 

運動を楽しく続けるためのコンテンツの紹介

コットホームでは具体的にどのような取り組みがされているのか。

エクササイズ動画やQ&A等のコンテンツ、参加者同士の交流を軸にした様々な取り組みを行っている。

 

参加者限定の秘密グループの運営

コットホームではFacebook上に参加者限定の秘密のグループがある。そこはエクササイズ動画、トレーナーや管理栄養士によるQ&A、参加者同士のコミュニケーションをとる場所として機能している。

 

オンラインフィットネス

f:id:dHarada:20170701100240p:plain

不定期で「zoom」というビデオチャットアプリを用いて、オンライン上でフィットネスを行っている。顔を見せたくない人はカメラ機能をオフにしてるし、はしゃぎたい人は自由にはしゃいでいる感じだ。FacebookのLive配信機能を使ってフィットネスをすることもある。

 

現役のインストラクターが指導してくれるので、楽しいのはもちろんのこと、効果的な運動ができるようになっているぞ。

 

筋トレの質問に自動返信してくれるLINE@

f:id:dHarada:20170604183929j:plain

コットホーム入会者しか知ることのできない「LINE@」がある。 LINE上で筋トレに関するキーワードを送信すると、自動的に筋トレの仕方について返信してくれるものとなっている。

・部位(「お尻」「二の腕」など)

・筋トレ名(「腕立て伏せ」「腹筋」など)

以上のようなキーワードを送信すると、画像付きですぐに返信がくるという仕様だ。

 

励まし応援し合える「部活動」

コットホームにはオンライン上の部活動がある。「筋トレ部」「ダイエット部」「栄養部」などなど。それぞれの部活で、アドバイスをもらえたり、励ましてもらえたりするので、勉強にもなるし、モチベーションアップにもつながる。

 

Googleスプレッドシートで、経験値を貯めるかのように運動する

f:id:dHarada:20170604184539p:plain

スマホからGoogleスプレッドシートを使って、経験値を貯めるかのように運動できる試みも行なっている。ゲーム感覚で運動に取り込めたら楽しいだろうなぁと思って作ってみた。

 

個人的にゲームは、1人でやるのももちろんだが、みんなでやる方がより楽しかった思い出がある。だから、少人数でチームを組んで、みんなで目標に向かって経験値を貯めていけるような、団体戦仕様にしてみた。チーム対抗戦もあるぞ。

 

オフラインイベントの開催

不定期にオフラインイベントも行っている。レッスン、ダイエット講座や栄養講座、ピクニック会なども。参加者自ら企画するイベントも大歓迎で、みんなやりたいことがあって、手を挙げればそれが実現していくような形となっている。

 

 

こんな人におすすめ!

  • 運動の習慣をつけたい人
  • 「運動・筋トレを始めていきたい!」と思っているけどなかなか行動に移せなかった人
  • みんなで楽しく運動したい人
  • ダイエット・筋トレ・栄養・健康の知識をつけたい人
  • 月一回のランチ代を自分のために投資できる人

 

参加料金と参加までの流れ

  • 参加料金:月額980円
  • 支払方法:PayPal(電子決済サービス)でのカード決済
  • 参加方法:下記の緑色の入会ボタンより必要事項を記入し、決済を完了させてください。

    それが完了しましたら、PayPalに登録したアドレスに2業日以内に、Facebookグループへの招待メールをお送りしますので、そちらから参加をお願いします!

    ※PayPalに登録するメールアドレスはできるだけ、Facebookに登録しているメールアドレスと同じものでお願いします!
 

 

運営者情報

主な運営者はこの2人。

 

げんこ

f:id:dHarada:20170606225909j:plain

【Twiiter】https://twitter.com/genko3co1

【プロフィール】奈良出身。高校2年生の時からの夢だったスポーツトレーナーになるために立命館大学スポーツ健康科学部に進学。在学中に米国のトレーナーの資格を独学で学び、取得。学生時代には学部のトレーナー団体に所属し、子供から高齢者まで様々な方を対象に運動指導を展開。現在、その知識と経験を活かし東大阪にあるフィットネスクラブで夢だったスポーツトレーナーをしながら毎日更なる成長、ワクワクを求めて突っ走っている。

 

だいち

f:id:dHarada:20170604185545j:plain

【Twitter】https://twitter.com/spountant

【プロフィール】大阪出身。スポーツ健康科学部という学部在学中に公認会計士試験に合格。大学3年生のころから、学生非常勤として会計士業界で働くも、人間関係に悩み7ヶ月で退職。2度目の就職活動の末、「いい人しかいない」というwebマーケティングの企業へ。現在、新卒4人組で小岩にてルームシェアをしている。当ブログの運営も行っている。

 

Q&A

Q.運動初心者なんだけど大丈夫?

A.むしろ大歓迎です!運動に関して言えば、初心者の方向けのコミュニティとなっております。

 

Q.なんとなくやる気が出ない。。そんな私でも始められる?

A.そんな人のために、仲間同士で励まし合いながら運動できる居場所を用意しております。 

さらに、運動することで脳に刺激を与え、精神高揚を引き出す「エンドルフィン」の分泌を促進することが科学的に証明されています。

 

Q.疲れやすいから続けられるか心配。。

A.疲れやすい方こそ体験してください。始めは大変かもしれませんが、徐々に心肺機能も適応してきて、疲れにくい体になっていきます。さらに、日常生活の動作もラクになることが期待されます。

 

Q.毎日歩いているけど、他に運動って必要?

A.歩いているだけでは、筋力の強化には不十分です。歩く行為は有酸素運動なので、追加で筋力トレーニングを行う必要があります。

 

Q.月に980円でいいの?

A.できるだけ入会のハードルを低くし、お金を理由に参加できないということを避けるためです。ただ、980円以上の価値は提供している自信はあります。

無料じゃないのは、ぼくらもお金がほしいからです←

 

 

追伸

しなくてはならないから運動をするのではなく、楽しいからやる。そんな風に思える居場所を作りたいと思った。

 

ただ、僕たちが提供するのはあくまでも「居場所」だけ。もちろん、持てる知識はすべて全力でシェアするんだけど、僕たちは先生ではない。行動に移すのはあなたにしかできないし、ぼくたちもあなたと同じコットホームの一員にすぎないのだ。

 

みんなと対等な場所にいて、みんなと一緒に楽しい居場所を作っていきたい。それがぼくらの気持ちだ。

 

居場所、一緒に作らない?