むーびんぐ

”健康”と”運動”の科学を学びつづけるブログ

【週次日誌:9/9-9/16】野望に向かって加速した一週間

週次日誌:2017年 0909〜0916

 

詩乃さん(@traveling_shino)のブログを見て、たのしそうだったから「週次日誌」始めてみた。

ブログ初期のたのしさも思い出しています。 

 

野望の会は最高にエキサイティングだった(9/9)

f:id:dHarada:20170918110349j:plain

野望の会に参加してきた。足を運んだ動機は、「知り合いの人たちが運営しているから」と「野望に燃える新たな仲間と出会いたかったから」。

 

ぼくの野望は以下のとおり

 

ものすごくエネルギッシュな空間で、MP(マジックポイント)だだ漏れ。みんなの野望がおもしろくて、ついMPを使いまくってしまった。

真剣に話して、真剣に聞く。たったこれだけで赤の他人だった人を応援したくなる不思議。

 

そしてこの会を通じて思ったのが、これからは1つの会社に属すのではなく、いろんな人と「プロジェクト単位でチームを組む」っていうのにハマっていきそう。

 

いっしょにやりたいことがあるからイベントをしてみる。

⇒面白かったから継続する or 反響がなかったから違う方法を考える or いったん解散する
みたいな。みんなで野望を叶えていく。 

 

会のあとの飲み会もすこぶる楽しかった。その空間にいるだけでワクワクした。

F太さん(@fta7)が「早く会社辞めなよ~」と冗談めかして言ってくるが、それはとても嬉しい。ぼくはこの人たちと仕事がしたい。

関連記事:ぼくはこの人たちと仕事がしたい。 - むーびんぐ

 

”器”。調和とかリーダーシップとかとはまた違うくて、多分リーダーシップをとる人は他にいて。

でも、だいちさんがいないと成り立たない空間っていうのが絶対あって、だいちさんが入ることでそのコミュニティの枠がグッと広がるというか、そういう器みたいな人だなって感じがしたんだよね。

いてくれるだけで、場が安定するというか、「あ、もうちょっと入るわ。このグループ」みたいに余裕が生まれるような、そういうタイプの人だから。

なんかバランスをとるとかテクニカルなことよりは、存在そのものに何か価値があるということで、それはもう鍛えようとしても鍛えられないので、”器”にしました。

野望の会のときにもらったフィードバック。ぼくは器です。

 

F太氏とJ氏がウチへ(9/10)

F太さんとJさん(@jmatsuzaki)がシェアハウスに遊びにきてくれた。L字ソファで飲んで、お菓子つまんで、「これからの世の中どうなるんだろうね」とか、ライフエンジンの今後のこととか話した。

 

  • ワークシェアリングが主流になってくる中で、”お願い”することの大切さ
  • 仕事をお願いする際のビミョーな空気感をシステムで解決する
  • ライフエンジン通貨「LEP」
  • ライフエンジン内で経済が回る、ライフエンジン経済圏
  • 時代の変化が早すぎて、生きているうちに三世代分くらい経験する。だから、価値観を適応させていく。自分を知り、強みを知る必要がある。
  • ビジョンクリエイト力

 

ずっと8時間くらい喋りっぱなしでも飽きない。この人たちは今、世界をどういうふうに見ているんだろうと思った。エキサイティングだった。

 

糖質制限開始(9/14)

f:id:dHarada:20170918110844j:plain

糖質とりすぎて、今はへっちゃらだけど、将来的にしんどくなるやろなと思い、少しずつ「ケトーシスだいち」になることを決意。いかにして、糖質を抑えて満腹になるかが鍵。

 

最近読んでいる本

 

▼知識詰め込んで、ツイッターでアウトプット。

 

ライフエンジンpolca

最近はライフエンジンでの活動が活発になってきた。ずっと「こういうコミュニティを作りたい!」と思っていたけど、「ライフエンジンがあるやん」ってなってきた。

 

みんなが交流して実験している場があるなら、もう新しく場づくりはしなくていいんじゃないかと思った。

これからは”ライフエンジンとのコラボ”という形でいろいろ考えていきたいなぁ。

 

ライフエンジンの新しい取り組みはこちら。

ライフエンジンに「OKIMOTCHI」を導入したい!