むーびんぐ

”健康”と”運動”の科学を学びつづけるブログ

ぼくのブログが稼げない理由はこれだった。

そろそろブログを始めて1年になる。そして、「ぼくのブログは思った以上に伸びていないらしい」ということがこの前の休日に判明した。自分ではそんなつもりはなかったが、たしかに稼げてはいない。

 

「このわかりやすさで、これだけの量を書いているなら、絶対PV数もっと伸びてるはずだよ」とはやてさん(@hayate_cwrkh5)。嬉しい。

 

そして原因分析をしてもらった結果、「稼げない原因これやん」っていうのが判明した。知らず知らずのうちに、同じ状態に陥っている人もいるかもしれないので、周知してみる。

 

稼げない海に飛び込んでいた

ぼくがメインで書いていたのが、「確定申告」やら「SEO」やらで、びっくりするほど競合が多いところばかり。

 

f:id:dHarada:20170629210412p:plain

f:id:dHarada:20170629210416p:plain

単体キーワードで勝負しているわけではないけど、さすがにライバルが多すぎる。ちなみに、検索結果が700,000件くらい、かつ競合が個人(企業じゃない)だったら勝負できると言われている。

 

自分が書きたいことを記事にして、それっぽいタイトルで世に送りだしていたらこうなってしまっていた。

競合が多いところじゃ勝負できないことを知っていたのにもかかわらず、実践できていなかった。

 

勝てるSEO大作戦を開始

f:id:dHarada:20170629211252p:plain

かなり反省したぼくは新しい作戦を徹底的に意識することにした。狙い目のキーワードとしては、

  • キーワードプランナーで検索して検索ボリュームが3桁
  • 競合数が700,000以下
  • 競合がブログ記事

それではケーススタディを見てみよう。

 

勝てるSEO大作戦ケーススタディ

例えばこちらの記事。「悩み, 苦しい」で勝負。
関連記事:悩みがあり苦しいときにこそ取ってみたい行動1選 - 副業リテラシー

 

f:id:dHarada:20170629212616p:plain

まず、10~100件の検索ボリュームがある。やや少ないが検索ニーズはあるようだ。

 

f:id:dHarada:20170629212902p:plain

実際に検索してみると、競合が723,000件で、検索に上位表示されているのがブログだ。

 

  • ある程度の検索ボリューム
  • 競合が少ない
  • 競合が個人

という三拍子がそろったので、「悩み, 苦しい」で勝負することにした。あとは文字数を増やしていけば、かなり勝てる見込みは出てくるはずだ。

 

SEOに勝てるということは、このキーワードで検索した人に自分の記事を届けられるということでもある。ぼくらでも誰かの背中を押すことができるのだ、技術があれば。

 

ぼくのブログが稼げない理由

ぼくのブログが稼げない理由は、気付かぬうちにレッドオーシャンに飛び込んでいたことだった。

 

とりあえず記事を公開するのはいいことだと思っている。自分の書きたいことを書くのもいいし、むしろそれがブログだと思う。

 

ただ、ブログで稼げないと悩んでいるのであれば、ちょっとした工夫が伸びるきっかけになることも忘れないでほしい。

 

ぼくもちゃんとリライトします。