副業リテラシー

副業に関するネットやマネーに関する情報を発信するブログ

読書メモをツイートする3大メリット

スポンサーリンク
あとで読む

f:id:dHarada:20170621221252p:plain

読んだ本の内容はツイートにして残そう。

最近、読んだ本の中でいいなと思ったフレーズをTwitterでつぶやくことにした。そうすることでいろいろなメリットがあったので紹介してみる。

 

 

濃いフォロワーが増える

まずはフォロワーさんたちに有益な情報を発信できるという点がある。自分がグッときた部分をツイートする。それはつまり、自分の琴線にふれた文を発表するということと同じだ。

 

それをすることで、同じ琴線を持った人が集まるようになる。自分の価値観に共感してくれた人がフォロワーになってくれるので、そこは自分にとって居心地のよい空間になっていく。

 

また、フォロワーが増えるということは、単純にそれが資産となっていくことになる。検索エンジン以外からの流入にもなるし、将来何か新しいことをやるためのインフラにもなる。

 

アウトプットをすることで思考が整理される

知識を脳に定着させるのに重要なアウトプットも行うことができる。

 

知識は泉だと言われている。インプットばかりしてアウトプットをしないと、水の流れが停滞して、泉は濁ってしまう。反対にアウトプットばかりでインプットをしないと、泉に水は溜まらない。

 

だからそのバランスをとるのが重要になってくる。読書はインプットの場なので、アウトプットする場の一つとしてTwitterは大いに役立つ。

 

ツイートをまとめて記事にできる

ツイートを記事に埋め込むと簡単に記事が完成する。簡単すぎてびっくりした。自分が響いた文をツイートしてるので、それをまとめてちょちょいと補足を付け足すだけ。そしたらその本の書評が完成する。

 

そうして完成した記事がこちら。
参考記事:自分の頭の中を発信するのはなぜ大切か? - 副業リテラシー

 

さらに、「ヨメレバ」を使って本を紹介すれば、お金を生むこともできる。書評記事を1から書こうとするとなかなか手ごわいが、すでにあるツイートを使うことで、サクッと記事をつくることができ、それがアフィリエイトにもなる。なんてお得なんだ。。

 

読書メモをツイートする3大メリットまとめ

  • 濃いフォロワーが増える
  • 読書で学んだことが整理され、身につく
  • かんたんに書評記事を書ける

 

以上が、読書メモをツイートする3大メリットだ。自分自身、これを実践していこうと思う。