副業リテラシー

副業に関するネットやマネーに関する情報を発信するブログ

【徹底解説】ふるさと納税で節税する~寄付金控除のしくみ~

スポンサーリンク
あとで読む

と密ふるさと納税接にかかわっている「寄付金控除」。これは所得税だけの話ではなく、住民税もからんでくる。1つずつ一緒に見ていこう。

 

  

ふるさと納税(寄付金控除)とは?

f:id:dHarada:20170212214005j:plain

国や地方公共団体などに寄付したときに控除を受けられるのが「寄付金控除」。最近、流行りのふるさと納税もこの控除がかかわっている。

ふるさと納税って実質負担額2,000円ってよく言われてるやつだよね?

そうじゃよ。

仕組みがよくわかんないんだけど。。

めちゃくちゃ簡単にいうと、「寄付した金額-2,000円=税金から控除される金額」となるので、実質負担が2,000円になるというわけだ。

この先はちぃとむずかしい話になるから、興味がある人だけ見ればいいぞぃ。

ふるさと納税をしたいのであれば、大手サイトの「さとふる」というサイトがおすすめ。

ふるさと納税をしてみる

 

ふるさと納税の仕組み

f:id:dHarada:20170214002505p:plain

北海道HP 

以下は、仕組みの話なので興味のある人だけ読んでほしい。興味のない人はたかしくんのケーススタディまで読み飛ばしてOK。

 

ふるさと納税によって、3つの控除が受けられることとなる。1つはこの「所得税の寄付金控除」。で、あと二つは「住民税基本控除」「住民税特例控除」だ。「所得税の寄付金控除」は”所得控除”であるのに対し、「住民税基本控除」と「住民税特例控除」は”税額控除”となる。所得控除と税額控除の違いは下記の図を参照してほしい。

f:id:dHarada:20170214004316p:plain

 

で、この所得控除と税額控除の合わせ技で、ふるさと納税の実質負担額が2,000円となるのがわかる図がこちら。

f:id:dHarada:20170214005832p:plain

北海道HP

こんなふうに、最終的には実質負担額が2,000円となるわけじゃ。ただし注意点もあるぞぃ。

控除される税金の限度額は、住民税所得割の1割となっている。住民税所得割というのは、住民税の課税所得に対して10%課せられるものだ。たとえば、課税所得が100万円なら、住民税所得割は10万円となり、その1割が限度額なので、1万円までしか控除されないことになる。「住民税決定通知書」に住民税所得割の記載があるので、それを見れば金額を把握することができる。

 

寄付金控除(ふるさと納税)のケーススタディ

たかしくんは、「さとふる」を使って、

  • 佐賀牛1キロ分がもらえる佐賀県姫野市に10,000円
  • 弥彦コシヒカリ5キロ×2袋がもらえる新潟県弥彦市に10,000円
  • 佐賀県の黒毛和牛を使ったハンバーグを10個もらえる佐賀県唐津市に10,000円

合わせて30,000円の寄付を行った。

f:id:dHarada:20170224232802p:plain

さとふる

そして、所得税から2,800円、住民税から25,200円控除され、たかしくんは、実質負担額2,000円で上記の特産品をGetすることができましたとさ。めでたしめでたし。

 

ふるさと納税まとめ

ふるさと納税のまとめ!
  • 実質負担額2,000円で各地方の特産品をGetできる
  • 控除される税金には限度額がある

 

以上がふるさと納税(寄付金控除)の全容だ。ぜひ上手く活用して節税に励んでほしい。

確定申告の全体像をざっくりと把握しておきたい方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事:【2017年版】これを見れば誰でもわかる!確定申告の全体像まとめ - 副業リテラシー