副業リテラシー

副業に関するネットやマネーに関する情報を発信するブログ

扶養控除とは?扶養の条件を知って確定申告を乗り切ろう。

スポンサーリンク
あとで読む

扶養控除、扶養家族とはなにか。大学生でもたくさんアルバイトをしている人だったら、「扶養から外れるよ」とか耳にしたことがあると思う。

 

扶養控除の条件も、知識として知っていればなんてことないものなので、できるだけわかりやすく説明する。これで確定申告をいっしょに乗り切ろう。

 

  

扶養控除とは?

f:id:dHarada:20170225004818j:plain

扶養控除は、扶養親族(養ってあげている人)のいる人が受けることができる控除だ。扶養親族の条件は、「生計を一にしていること」と「扶養していること」の二つだ。

 

「生計を一にしていること」ってどういうこと?

「生計を一にしていること」とは、家族が一つのお財布で生活しているかどうかで判断できるぞぃ。

f:id:dHarada:20170510234209p:plain

家族であれば、旦那が稼いだお金も奥さんが稼いだお金も、ぜんぶ一緒にしてしまって家族単位で使っているはず。お父さんの財布からランドセルを買って、お母さんの財布から食材を買って…とはしないと思う。

 

家族で1つの財布。その財布から教育費も食費も出す。それが”生計を一にする”ということだ。

 

じゃあ「扶養していること」ってどういうこと?

簡単に言うと、誰かを養っているかどうかじゃな。

誰かを養っているかどうかの基準は、その人(養われる側)の年間の総所得金額が38万円以下であるかどうかだ。実はこれが、いわゆる「103万円の壁」というやつだ。

 

103万円の壁とは?

仮に、扶養している子供の給料が103万円の壁を超えて、104万円だったら。。

f:id:dHarada:20170510235420p:plain

このように、所得合計(A)が38万円を超えてしまい、扶養親族の定義から外れてしまうのだ。

関連記事:【アルバイトをしている大学生必見】大学生が全力でわかりやすく確定申告・源泉徴収103万円130万円の壁について説明する。 - It's a Wonderful Land

 

扶養控除の控除額はいくら?

扶養控除の控除額はいくらなの?

うむ。以下の図のように、扶養親族(養われている人)の年齢によって、大きく控除額が変わってくるぞぃ。

f:id:dHarada:20170226192704p:plain

 

ちなみに、年金をもらっている人も扶養にいれることができる。ただしその場合には条件があり、年金の受給額が、65歳以上の方は158万円以下、65歳未満の方は108万円以下でなければ、扶養に入ることができないので要注意だ。

 

扶養控除まとめ

  • 扶養親族の条件は2つ。「生計を一にしていること」「扶養していること」
  • 扶養に入れるためは、その養われる人の年間の所得が38万円以下でなければならない
  • 養われる人の年齢によって控除額は変わる

 

以上が扶養控除についてだ。学生も、お子さんがいる人もぜひ押さえておきたい内容なので、頭の片隅にでも置いておこう。

 

確定申告の全体像をざっくりと把握しておきたい方はこちらの記事もどうぞ。

関連記事:【2017年版】これを見れば誰でもわかる!確定申告の全体像まとめ - 副業リテラシー