読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業リテラシー

副業に関するネットやマネーに関する情報を発信するブログ

【家族募集中】フィットネスクラブを興すまでの過程をビジネスな観点から書いてみる。

スポンサーリンク
あとで読む

ビジネススキルなるものを身につけるのに注力したのは、4回生になってからだった。ビジネスについて考えるのたのしいなぁと思い出したのも、つい最近。

 

そして、将来、仲間たちとフィットネスクラブを興そうとなったのも4回生の時期だ。その4回生も、もう終わろうとしているので、練りにねった大作戦を公開してみようと思う。アドバイスあったらください。

 

フィットネスクラブを興そう!と決まった経緯

f:id:dHarada:20170315152403j:plain

そもそも、何でフィットネスクラブを興そうと思ったのかから説明しようと思う。

ぼくには大学の1回生から仲のいい友人がいる。そいつとはいつも、「将来、一緒になんかできたらいいなぁ」と話していた。そう、こいつ↓

関連記事:熱血な友人にマッスルインタビューをしてきた。 - It's a Wonderful Land

 

そして2016年11月1日、サイゼリヤでくっちゃべって、帰りの電車でガチ目に誘われた。それまで遊び半分だと思っていたが、本気度100%で誘われた。

 

「後輩も呼ぼう!」
この一言で、ぼくはやることを決めた。

 

「気心の知れた仲間と何かをやる方が、圧倒的な生産性を実現できる」という考え方をぼくは採用している。信頼し合えているので、ムダなコミュニケーションコストがない。そしてその分、本当に集中すべきことに注力できる。

関連記事:信頼関係が圧倒的なスピードを生む理由は? - It's a Wonderful Land

 

正直、生産性がどうとかは二の次で、単にワクワクしたからやることを決めた。心が騒いだからやることを決めた。これ以上の理由なんて必要ないと思う。仲間と遊ぶように、かつ真剣に仕事できるってけっこう最高だ。

 

設立するまでにオンラインコミュニティをつくる

f:id:dHarada:20170315113144j:plain

設立を本気で実現するのであれば、もう現段階から動き出さなくてはならない。今から実店舗を持つとかはさすがにムリだが、オンラインなら今すぐにでも始められる。だから、ぼくらはオンライサロンを作ることにした。 

オンラインサロンは、共通の興味関心を持つ人々がWeb上に集う会員制(クローズド)のコミュニティの総称である。専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人の主宰者が運営している。-Wikipedia

 

Facebookの秘密のグループで、月額980円でやろうと思っている。月額課金にすることで安定した収入を見込め、安定感がうまれる。さらに、980円という一回のランチ代程度の値段なので、参入障壁も高すぎることもない。

 

テーマとしては、「健康・筋トレ・ダイエット・アスリート・整体・栄養・美容・モチベーション維持」などを考えている。これってやっぱり絞った方がいいのかな。。

 

このオンラインサロンは、いわゆるフロントエンドだ。フロンドエンドとは、お客さんを取り囲むための、言い換えると見込み客を集めるための、入口としての商品のことを指す。最終的につなげたいのは、実店舗のお客さんになってもらうことで、それがバックエンドとなる。バックエンドとは、最終的に本当に売りたい商品やサービスのことを指す。

 

ただ、オンラインサロンの前のフロントエンドとなり得るものがさらに2つある。フロントエンドのフロントエンド、それが”ブログ””LINE@”だ。

 

ブログはオープンな場所だ。誰でも読めるし、SNSからの流入もあれば、検索からの流入もある。

そのブログで、筋トレやダイエットの記事を書く。それも検索流入に強い記事だ。検索で入ってきた人たちは、目的が明確だ。ダイエットしたいと思っているからわざわざ検索してまで情報を得ようと思っている人たちだ。そのため、その人たちは、オンラインサロンの見込み客となり得る。

 

そして、ブログにLINE@への導線を張っておく。LINE@はブログよりクローズドな場所となる。ここに来た人はさらに濃い見込み客となる。

 

そして、LINE@で定期的に情報を発信したり、相談を受けたりする中で、オンラインサロンへの入会を勧めていく。LINE@は昔のメルマガやペースメールのような役割を果たしていると思う。もちろん、ブログから直接オンラインサロンにつなげるのもありだ。

 

まとめると、「ブログ⇒LINE@⇒オンラインサロン⇒実店舗」という流れになる。なので、今すべきことは、ブログの記事執筆と、オンラインサロンのコンテンツの準備だ。

 

オンラインサロンの具体的な内容

f:id:dHarada:20170315153229p:plain

ここで、オンラインサロンのコンテンツや内容を詳しく書いていこうと思う。アイデアがあれば教えてください。一緒に作りましょう。

 

扱うテーマ一覧

扱うテーマとしては以下の通り(まだ誘ってもないのに名前を勝手に書いている人がたくさんいます)。

  • 健康(げんこ、だいち)
  • 筋トレ(一号、げんこ、だいち)
  • ダイエット(ルカさん、げんこ、だいち)
  • アスリート(げんこ)
  • 整体(しみさん)
  • 栄養(かなさん、星野さん)
  • 美容(いっちゃん)
  • モチベーション(F太さん)
  • ヨガ(よしたか)

 

Excel目標管理シート

エクセル目標管理シートとかつくって、運動のモチベーションの維持とかできないかなぁと思ってつくってみた。

f:id:dHarada:20170315113308p:plain

人は何かが積みあがっていくのを見るのが好きらしいので、歩いた分だけ積みあがっていくグラフを作った。このグラフは目標値との比較も簡単にできる。そして、歩数を入力することで、消費カロリーと体脂肪減少量が自動で計算されるようにしてみた。

 

f:id:dHarada:20170315113508p:plain

歩数を入力すると…?

 

f:id:dHarada:20170315113554p:plain

目標値を達成できたので、セルの色が変わった!
「60600歩で、消費カロリーは1667kcal、体脂肪減少量は0.2kgか」という感じ。

 

このExcelシートの問題点はいくつもある。

  • グラフを自動生成できない。。
  • いちいちパソコンに入力するのが面倒。。
  • もはやこういうアプリあるんじゃないか。。

これは、使ってみて改善を繰り返して、続けるか止めるか決めようと思う。

 

リアルタイムで運動できるLiveエクササイズ

f:id:dHarada:20170315153405p:plain

オンラインチャット、もしくは一方通行になるがFacebookライブを使って、オンラインエクササイズを実施する予定だ。最近、インスタとかで試しにやってみたりしている。見てね。

 

筋トレやダイエットで一番難しいといわれるのが、「継続」だ。いかに習慣づけるかが鍵となってくる。そのため、定期的にLiveエクササイズを配信し、みんなで運動をすることで、継続のきっかけにできればと思っている。みんなでやると、一人のときよりよっぽどたのしい。

 

LINE@の即時返信機能

f:id:dHarada:20170315155000j:plain

LINE@の即時返信機能で、筋トレの注意点がわかるようにする。例えば、「ベンチプレス」と入力したら、ベンチプレスの注意点が自動で返信され、「二の腕」と入力したら、二の腕を鍛える筋トレのメニューが自動で返信される、といった形だ。こちらを参考にさせて頂きました。

関連記事:【月額980円】無料体験付き!プロと気軽に話せる料理サロン「らくっきんぐ」! - ぼりログ

 

用意するスレッド一覧

f:id:dHarada:20170315115755j:plain

用意したいスレッドは以下の通り。

  • 自己紹介スレッド
  • 今日の予定・振り返り
  • 今月の目標
  • 報告スレッド
  • 何でも告知スレッド
  • 質問相談スレッド
  • 豆知識スレッド
  • 朝活スレッド
  • ○○時までに終わらすスレッド
  • Liveエクササイズ&動画配信スレッド

 

設立

f:id:dHarada:20170315155758j:plain

このフィットネスクラブにも、もちろんコンセプトがある。それは「帰ってきたいと思える居場所」だ。アットホームな空間なのだ。そういうのを創りたいと思っている。誰でもウェルカムだ。カモンカモン。

 

そして、いよいよ設立するとなったとき、ぼくらはクラウドファンディングを行おうと思っている。

クラウドファンディングも本質は、どうやら資金調達だけではないらしい。資金調達に加えて、共犯者づくりも兼ねているのだ。プロジェクトに支援してくれた人は、多分その後も、ずっと味方であり続けてくれるのだと思う。

 

ぼくらみんなでフィットネスクラブを創りたいと思う。誰でもウェルカムでアットホームな場所を、みんなで創りたい。

関連記事:クラウドファンディングを成功させるためにかかせない5つのコツと恩送りを - It's a Wonderful Land

 

最初は二人だが、呼びたいやつはいっぱいいる。彼らはそれぞれ強みが違うから、その強みを活かしたポジションについてほしいと思っている。一緒にやるために、まずは給料を支払えるだけの結果を出しておく。そしたら、みんな来たいときに、自分のタイミングのいいときに来れる。

 

設立からの戦略

f:id:dHarada:20170315155720j:plain

最初は、「選択と集中」をするべきだと思う。1つ2つに絞って、それらにしっかり時間とお金を注いでいく必要がある。初期費用がかからないやつがいいな。。

 

しっかり攻めるためにはお金が必要だ。ただ、攻めすぎてキャッシュフローがボロボロで倒産、、みたいなことは絶対に防ぎたい。会計の人としてそれだけはやりたくない。守りは完璧にするから、攻めは任せる。

 

伸びてきたら、ポートフォリオを形成していきたい。多角化してリスクを分散させたい。

 

ここだけの話、ぼく自身、フィットネスにそこまで強い情熱があるわけではない。友人と何かをやること、ビジネスを考えることが好きなだけなのだ。だから、ワクワクする事業のようなものがあれば、多角化も兼ねて、さらに仲間を集めてやっていきたいなぁと思っている。

 

これからは「価値観を発信し、そこに共感してくれる人達と一緒に未来を創っていくという感覚が重要になってくる」という話を聞いたことがある。一方的にお客さんに尽くすとかではなく、双方向のやり取りで、共に創り上げていくような、同じ立場になって同じ方向を見て歩んでいく感覚が大切なんじゃないかと思う。

 

これからいわゆる”競合”がたくさん出てくると思う。でも、「その競争に本当に意味はあるか」「目的が同じであるならば、協力した方がいいのではないか」という考えがあるので、いかにうまく付き合えるかがポイントとなりそうだ。

 

「起業します!」「会社創ります!」といった緊張感のある感じではなくて、「家族募集中~」ぐらいのノリでいきたいと思う。ビジネスビジネスして疲弊したら、「会社じゃなくて家族を創っていこうぜ」感を思い出して、いつでも帰ってこれる居場所を創り上げていこうと思う。

 

スポ健のみんながそれぞれの進路先で独自の成長を遂げて、何年後かにそのスキルを持ち寄って、みんなで会社するのっておもしろそうやな。。

 

やる?