副業リテラシー

副業に関するネットやマネーに関する情報を発信するブログ

言葉に入りきらない気持ちを一緒に伝えているときだってある

スポンサーリンク
あとで読む

「言葉の扱いは難しいなぁ」と、最近になってよく思うようになった。

f:id:dHarada:20170314203545p:plain

言葉だけでは思考のぜんぶを表せているわけではないのだと思う。人によって言葉の定義とか若干違うし、その言葉に乗せたニュアンスとか思いによっても意味は変わってくる。

 

言葉ですべてを表すのは難しくて、言葉に入りきらない気持ちもいっしょに伝えてるときってあると思う。だから相手の言葉を額面通りに受け止めるんじゃなくて、どういうニュアンスが含まれてるのか、どういう気持ちでこの言葉を発したのかを観察してあげないとなぁと思うのだ。

 

f:id:dHarada:20170314204253p:plain

それは話しているときだけじゃなくて。本とかブログでも、言葉を自分勝手な解釈で受けとらない方がいいのかなと思う。自分がしている解釈の通りに捉えるんじゃなくて、相手がしている解釈を汲みとる必要があるんだと思う。言葉ですべてを表せるわけじゃなくて、ほんとに微妙な心情の違いによって、発する言葉の意味も変化する。

 

たいせつなものは、目に見えない。それと同じように、たいせつなものは、額面通りの言葉だけで知れるものじゃないのかもしれない。

 

だから、相手の側に立つということはやってみる価値があると思うのだ。相手の心情、経験、置かれている環境を考慮したとき、相手が発した言葉の裏にあるストーリーがわかる。ストーリーがわかると、相手の発した言葉の意味が理解できるし、共感することだってできるかもしれない。

 

大学生活で学んだことシリーズ
関連記事:今すぐ使える5つの問題解決フレームワークで、ムダな会議をやめよう。 - It's a Wonderful Land