「職場の雰囲気がいい」でけちょんけちょんにしてやる。

先日、とあるベンチャー企業の1dayインターンシップに参加してきた。 

f:id:dHarada:20161015235355j:plain

第1部が社長の講演。第2部が班ごとのワーク。

今回はその中でも、第1部の社長の話の中で感じたことについて、話していく。

 

 ”安定とは”何か

講演の内容は、簡単にいうと  「安定とは」だった。

  

大手が安定なのか、グローバル展開している企業が安定なのか、外資コンサルに入っていれば安定なのか。

 

答えはどれでもない。そして、答えは決まっていない。さらに、答えは変化していく。

 

安定”は時代とともに変化する。今の時代に起きている変化を直視しなさい。その変化にいち早く目を向け、対応できた人が“安定”を勝ち得る。

 

だが、日本の学生は、その変化に目を向けていない人が多すぎる。他のアジアの学生は、今起きている変化なんて、当たり前のように理解している。日本の学生は情報弱者である。日本の学生は、この事実を受け入れ、理解したうえで就職活動をするべきである。

 

ぼくは、「ふんふん!ふむふむ!なるほどなるほど!」とメモを取りまくり、目を輝かせまくり、その話を聞いていた。

  

が、次の話を聞いた途端、ぼくの表情は無くなった

 

日本の大学生は中学生

海外の学生が就職活動で重視するのは、

・企業の将来性

・将来のキャリアに役立つ専門性

・自分が成長できること

  

一方、日本の学生が重視するのは、

 ・福利厚生

・職場の雰囲気が良いこと

  

社長

「職場の雰囲気ってwww

中学生ですかって話ですよwww」

会場

「笑笑笑」

ぼく

「…」

  

中学生、さいこーじゃねぇかよ

 

ぼくも福利厚生に関しては、まったく気にせずに就活をしていたけれど、職場の雰囲気に関して、社内の人間関係の部分を揶揄されるのは、どうも納得いかない。

  

人間関係を1番に大切にする会社で、アジアの学生にも、この社長にも、負けないくらいのスキルと、時代の変化に対応する力をつけてやる。

 

「あまい」と言われても、その実現を夢見るのが、若者の特権。

 見てろよ。ぷんぷん。